経理・人事・法務・総務など管理部門転職なら『typeの人材紹介』

管理部門とは、経理・人事・法務・総務などをいいます。この部門で転職を成功させるためには、押さえておくべきポイントがいくつもあります。以下には、そのポイントのリストと説明を書いていきますので、参考にしてください。

 

●自分の過去の業績を客観的視点でアピールする
●転職先の業務範囲・業務領域について把握しておく
●コミュニケーション能力の高さをアピールする
●業務改善・成果の指標をを数値で客観的に示す
●管理部門に必要な調整力をアピールする
●資格を活用し、専門的能力について客観的にアピールする

 

全体的に「客観的に」というところはポイントです。時には能力・業績を数値ではっきり示すことも必要です。

 

管理職の中途採用は、専門性の高い人材を即戦力として求めていることがほとんどです。そのため、管理職の転職では、専門性・即戦力となる能力をしっかりアピールすることが必要です。

 

管理部門の業務領域・業務範囲は、すべての企業で同じではありません。企業の規模・業種・スタイルによって、それぞれ異なります。求人に応募するときは、どのような仕事をどの程度の範囲で任される職場なのかを具体的に把握しておくことが必要です。表面的な仕事内容を見て判断するのはよくありません。

 

例を上げると、人事部の業務や部署を細かく分けている企業もあります。人事部を「採用・教育研修・人事制度・社会保険」などに分割しているケースです。また、総務・人事を兼任させる企業もあります。大手企業ならば、人事部を「新卒採用チーム・中途採用チーム」にわけていることもあります。

 

経理もやはり企業で業務内容に違いがあります。
経理・決算は何人体制で行っているのか。この業務をどこまで企業内で行い、どこからアウトソーシングしているか。その業務内容の中で、あなたに求められる役割は何か。あなたに期待される業務がどの程度か細かく具体的に把握しておくことは、転職後の仕事をスムーズにするために必須です。これを怠ると、あなたが考える仕事内容と転職先の仕事内容でギャップが生じ、職場とミスマッチしてしまう可能性があるのです。

 

基本的に、大手企業は業務が細分化されており、特定の分野で高い専門性を持つことが求められる傾向があります。
企業の規模が小さくなるほど、管理部門一人一人にまかされる業務領域は広くなります。中小企業やベンチャー企業では、専門性よりも「薄く広くジェネラリスト」として活躍できる人材が求められるのです。

 

このように、管理部門は企業ごとに担当する業務内容が大きく異なります。
転職するときは、企業が求める人材・業務範囲を把握しておかなければなりません。また、採用試験などでは、あなたの業務範囲経験を採用担当者に正しく的確に伝えることが必要です。

 

このようなポイントを的確に押さえて転職するには、転職エージェントのアドバイスも有効です。

 

こちらでは、管理部門の求人に強い転職エージェント『typeの人材紹介』を紹介しています。管理系で転職を考えている方は、『typeの人材紹介』に是非相談してみて下さい。

経理・人事・法務・総務など管理部門への転職|typeの人材紹介の評判関連ページ

高額求人(年収1000万位上)
外資系・グローバル企業
女性の転職サポート

このページの先頭へ戻る