『typeの人材紹介』書類選考〜二段構えの書類選考を突破せよ!〜

『typeの人材紹介』に紹介された求人の中で、気に入ったものがあれば応募することになります。応募するとまず、書類選考となります。これは転職エージェントの利用の有無に関わりませんね。

 

ただし転職エージェントを利用した転職の場合は、書類選考にも二段階あって、転職エージェント内での書類選考に通らなければ、企業の書類選考まで書類が届くことはありません。

 

転職エージェント内での書類選考とはどのようなものなのか、なぜそのような制度になっているのかを説明します。

 

もちろん企業での書類選考についても、簡単にですが説明しますので最後まで読んでみてください。

 

 

転職エージェント内での書類選考

企業の書類選考の前に、転職エージェント内、つまり『typeの人材紹介』内での書類選考が行われ、それを突破した書類のみが企業に届けられます。転職エージェント内での書類選考に落ちるということは、企業側の書類選考を受けたとしても落ちる可能性が高いということです。

 

転職エージェントの業務とは転職希望者に協力する事だけでなく、転職希望者と企業との間を取り持つ事が仕事です。つまり転職エージェントにとっては企業側も利用者なので、できるだけ企業が求めているような人材を紹介する必要があります。能力や人物に問題のありそうな転職希望者を企業に紹介していては、その企業からの信用を失ってしまうため、転職エージェント内での書類選考を行っているのです。

 

転職エージェントというのは、紹介した人材が採用されることによって、成功報酬を得るのが基本的なビジネスモデルとなっています。そのため転職エージェント内での書類選考といってもきちんと行われていて、ほとんど企業の書類選考と同じレベルだと思ってもらって間違いありません。転職エージェント内での書類選考に落ちてしまった場合は、何が問題なのかもう一度キャリアアドバイザーとよく話し合ってみる必要があります。

 

人気の求人であれば、当然複数の転職希望者が、同じ求人に応募するため書類落ちが出やすくなります。そうやって比較されてしまうと、どうしても書類選考で受かりやすい人間と、無理そうな人間がはっきりしてしまうのです。応募条件というのはあくまでも最低条件で、条件を満たしている中で、もっとも優秀な人間を採用したいのが企業としても当然のことでしょう。落ちる可能性が9割を超えていてもいいから、とにかく企業の書類選考を受けたいという人もいるでしょう。

 

あまり無理を言って転職エージェントを困らせてしまうと、今後の転職活動に支障をきたすかもしれませんが、ひとつだけテクニックがあります。それは「履歴書」と「職務経歴書」という一般的な応募書類だけではなく、「志望動機書」というものを作成してみることです。

 

志望動機は必ず面接で聞かれますが、その前に積極的にどうしてその企業で働きたいのかをアピールしてみるのです。抽象的でその企業である必要がなかったり、あまり熱意が伝わらないような志望動機書だと逆効果ですが、意欲を上手く伝えられれば効果があるのではないでしょうか。企業が求めるのは能力が高いことはもちろんですが、やはりどうしても自分の会社で一緒に働きたいという人でしょう。それに転職エージェントとしても、それだけの熱意を見せられてしまえば、何もしないわけにはいかないでしょう。多少、条件が良くない転職希望者だとしても積極的に売り込んでくれるはずです。

 

もちろん絶対的に効果があるという方法ではありませんし、そもそもキャリアアドバイザーと強い信頼関係で結ばれていなければあまり効果はないでしょう。転職エージェントの利用は、キャリアアドバイザーとどれだけ上手くやっていけるかにかかっています。早い段階から良好な関係を作っておくことが、どれほど有効かはわかってもらえたのではないでしょうか。

 

 

企業側の書類選考

書類選考というと、一般的に企業での書類選考をイメージしますよね。『typeの人材紹介』内での書類選考を突破できているのであれば、書類自体には特に問題がないはずですから、あとは結果を待つだけです。もし、やっぱり書類で気になることがあるのであれば、遠慮せずにキャリアアドバイザーに助言をもらうといいでしょう。企業に提出する書類は、少しでも完成度を高めたいのは当然ですから、時間の許す範囲内で、納得のいくまで修正してみましょう。

 

ところで、企業の書類選考というのはどれぐらいの日数で終わるのでしょうか。3日〜1週間ぐらいで終わることが大半のようですが、2ヶ月以上かかってしまう場合もあるようです。逆に早ければ即日で終わるということもあります。早い分には困りませんが、何か月も待たされては困ってしまいますよね。企業側にも言い分があって、やはり忙しいときは時間がかかってしまいますし、複数の候補者が揃うまで待ちたいということもあります。さすがに1ヶ月を超えるようでしたら、転職エージェントに確認してもらうといいと思います。転職エージェントはそのような企業との交渉も仕事の内ですから、任せてしまって問題ありません。企業としても急げる範囲には限界があるでしょうが、時間がかかっている理由ぐらいは聞き出せるはずです。

 

>D面接の準備へ

書類選考は転職エージェントと企業の2段構え|typeの人材紹介の評判関連ページ

@会員登録
Aカウンセリング
B求人情報紹介
D面接の準備
E面接当日と面接後
F内定をもらう
E入社の意思を決める

このページの先頭へ戻る