『typeの人材紹介』カウンセリング〜CAを見極める〜

『typeの人材紹介』の登録画面から会員登録を済ませると、次は転職カウンセリングを受けることになります。

 

まずは気軽に相談してみよう

転職カウンセリングは求職者の事情によっては電話で受けることも出来ますし、『typeの人材紹介』のカウンセリングルームで受けることも出来ます。

 

転職カウンセリングではキャリアアドバイザー(CA)と面談し、過去の職歴、転職の理由、希望の業界、希望の職種など、経歴や希望に関する様々な質問を受けます。これには出来る限り正直に答えましょう。

 

プライバシーに深く踏み込んでいると感じるような質問に、無理に答える必要はありませんが、この面談内容を基に、キャリアアドバイザーが求職者に合った求人を探して来るシステムになっていますから、ここでの情報が正しくなければその分だけ、適切でない求人の紹介を受けることになってしまいます。それはそのまま、適切な求人を逃すことにもなるのです。

 

納得できるキャリアアドバイザーを選ぶ

担当のキャリアアドバイザーと相性が悪いようなら、遠慮なく『typeの人材紹介』のサポートに申し出ましょう。担当者を変えてもらえる場合があります。

 

転職エージェントを介した転職を成功させるには、キャリアアドバイザーとの綿密なコミュニケーションが必要です。お互いに信頼し、良い人間関係が築けなければ、スムーズな転職活動を行なうのは難しいと言えます。

 

遠慮は無用!合わないと思ったらすぐに相談しましょう。

 

 

わがままは禁物!あなたの態度もしっかり見られています

けれどそこで全てをキャリアアドバイザーに任せきってしまうことも、「お客様は神様です」を体言するような横柄な態度を取ることも禁物です。

 

転職するのはキャリアアドバイザーではなく求職者自身ですから、任せきりでろくなコミュニケーションも取らずに、快適な職場や望み通りの条件の仕事を得ることは出来ません。

 

サービスを受ける側だからと横柄に構え、気遣いをすることなく、気遣いに答えることもせずにいれば、転職エージェントに悪印象を与え、自分の評価を下げてしまいます。そうなれば当然、条件の良い求人が自分に紹介されることはないでしょう。

 

転職エージェントは求職者に合った求人を紹介するのが仕事ですが、それと同時に企業に優れた人材を紹介するのが仕事でもあります。評価の低い求職者に紹介できる求人の幅は当然狭くなりますし、その中に好条件のものはほとんどないと言ってよいでしょう。

 

転職エージェントと上手に付き合うには、心を開き信頼し、それを態度で示すことです。そうすれば転職エージェントもより親身に、全力で転職をサポートしてくれることでしょう。

 

不誠実な態度の求職者に、転職エージェントが手厚いサービスを提供することはないのです。

 

>B求人情報紹介へ

キャリアアドバイザーによるカウンセリング|typeの人材紹介の評判関連ページ

@会員登録
B求人情報紹介
C書類選考
D面接の準備
E面接当日と面接後
F内定をもらう
E入社の意思を決める

このページの先頭へ戻る