『typeの人材紹介』面接当日と面接後〜面接本番からその後〜

いよいよ面接です。今までの転職活動の集大成とも言えるこの大一番をどのように振る舞うべきでしょう。

 

面接当日

面接には『typeの人材紹介』のキャリアアドバイザーが同席する場合があります。

 

それは面接後のフィードバックのために企業側が同席を依頼している場合や、転職エージェント自身の情報収集のためなど理由は様々ですが、応募者が深く考える必要はありません。また転職エージェントの同席が結果に反映されることもないので、応募者は転職エージェントの有無にかかわらず面接に臨みましょう。面接で最も大事なのは、ありのままの自分で面接に臨むことです。

 

応募者の中には内定欲しさに自分を必要以上にアピールする人も少なくありません。しかし応募者たちが転職エージェントを通じて企業に関する情報を仕入れているのと同じように、企業も応募者に関する情報をある程度仕入れたうえで面接していることがほとんどです。そのため過度なアピールは企業に見抜かれてしまうというリスクもあり、面接においてはデメリットしかないのです。またたとえ見抜かれずに選考を通過し内定・入社に至ったとしても、入社後に企業とのミスマッチが起こってしまったらそれこそ取り返しのつかないことになってしまいます。

 

応募者も人間なので短所や欠点があるのは当たり前です。それをわかってもらったうえで入社をした方が、仕事がしやすくなるのは当然だと思いませんか?その場の選考通過や内定獲得のことだけを考えるのではなく、その先にある入社後の事も視野に入れたうえで面接をする意味や必要性をもう一度よく考えてみましょう。

 

また応募者が自身を良く見せたいのと同じように、企業も応募者からは良く見られたいと思っています。中には企業の魅力を過度にアピールしたり、表現の仕方がオーバーで誇張してしまっていたりすることもあります。面接時間中は緊張が絶えないと思いますが、その企業の説明が本当かどうかを判断できるくらいの冷静さは持っていたいものです。

 

当たり前ですが最終的には自分自身で判断をすることが重要になってきます。また客観的な視点がほしい場合には、『typeの人材紹介』のキャリアアドバイザーに積極的に聞いてみるのもいいでしょう。

 

まだ終わっていません!面接後も非常に重要

面接が終了したら、『typeの人材紹介』とのフィードバックを積極的にするようにしましょう。これは今後の選考や、引き続き転職活動をする場合にとても役に立ってきます。まず面接の感触や入社意識の変化、特に意識が高まった場合には積極的に『typeの人材紹介』に伝えましょう。

 

転職エージェントは企業にそれを伝えてくれるので、その意欲が高評価につながることも珍しくありません。企業自身が、応募者がいい印象を持ってくれたと感じるだけで、その応募者に対する評価が上がることも採用現場ではよくあることなのです。

 

転職を希望しての就職活動なのは当たり前なのですが、面接官も人間なので結局は人と人との関わり合いが根底には存在しています。ある意味恋愛と同じように、好きだと言われれば好きにもなりますし、その逆も当然あるのです。その企業をもっと知りたい、入社意欲が高まったという好意はいくら伝えても悪印象にはならないでしょう。

 

また面接を受けてみて入社意欲が下がってしまった場合でもその旨を転職エージェントにしっかり伝えましょう。どのようなところが良くなかった、企業に対する印象が悪かった、労働条件が合わなかったなどを転職エージェントに把握してもらうことで、今後紹介してもらう際に質が高まるのです。

 

先に述べたように企業の事を知ることは転職活動においてとても大切です。それと同時に自分のことを知ってもらうことも転職活動においては同じくらい大切になってきます。このように転職エージェントに対してのフィードバックをしっかりすることで応募者の希望や条件を突き詰めていくことができます。そしてそれは、今後の転職活動で役に立つ大事な資料になるのです。

 

>F内定をもらうへ

面接(面接当日と面接後)|typeの人材紹介の評判関連ページ

@会員登録
Aカウンセリング
B求人情報紹介
C書類選考
D面接の準備
F内定をもらう
E入社の意思を決める

このページの先頭へ戻る