『typeの人材紹介』求人情報紹介〜希望の求人案件を探す〜

転職エージェントの求人紹介について

 

『typeの人材紹介』登録後に転職カウンセリングを受けました。次はいよいよ求人の紹介を受けることになります。

 

以下には、転職エージェント登録後に起きる問題や対処法などについて説明していきます。『typeの人材紹介』で求人を探すときの参考にお読みください。

 

 

「紹介できる求人がない」と言われることもある

転職エージェントで仕事を探すことは、不動産会社で家や部屋を探すことと似ています。

 

部屋探しも仕事探しも、条件が狭すぎると紹介してもらえる情報の数は減ってしまいます。『typeの人材紹介』を利用したからといって、必ず紹介を受けられるとは限りません。ときには「紹介できる求人がありません」という連絡を受けることもあるものです。

 

しかし、求人がないことを転職エージェントのせいにしていては、話は一向に進みません。

 

「紹介できる求人がない」ことの原因は、転職市場での「あなたの価値」と「あなたの希望条件」がミスマッチしていることにある可能性が考えられます。

 

こうした問題を解決するには、希望条件の幅を広げることも一つの手段です。また、どうしてもこだわる条件があるならば、その条件に見合ったスキルを身に着けるように学ぶ必要もあります。「自分自身の価値」を上げる努力をするなど、何かの手を打たない限り、希望する求人を紹介してもらうことはできません。

 

現実は真摯に受け止めた上で転職活動について考えていくことが大切です。担当のキャリアアドバイザーに相談することも、もちろん有効な手段です。

 

また、求人は時期や景気によって数が大きく変動するものです。あなたが転職を希望した時期に、たまたま「希望に合った求人がなかった」ということもありえます。このようなケースでは、転職する時期をしばらく見合わせ、希望する求人情報が出てくるタイミングを待ちましょう。

 

果報は寝て待て、という言葉があります。

 

転職には、タイミングも大切な要素なのです。

 

 

紹介された求人が希望と異なっているときの対処

キャリアアドバイザーから紹介される仕事は、あなたの希望と異なる場合があります。

 

こうしたケースでは、無理に紹介された仕事に応募する必要はありません。ただ、希望する求人が紹介されなかったことには、何か理由があるはずです。

 

あなたが希望をきちんと伝えきれていない場合もありますし、キャリアアドバイザーがあなたの希望を把握できていないこともあります。

 

どちらであれ、あなたの希望がキャリアアドバイザーに適切に伝わらなければ、希望する求人は紹介してもらえません。

 

その状態のまま転職活動をしていても、状況はうまく進まないこととなるでしょう。

 

希望する求人を紹介してもらえない、と不満を抱いているだけでは転職活動をうまく進めることはできません。

 

紹介された求人を断るときは、応募しない理由をはっきり明確にキャリアアドバイザーに伝えましょう。

 

どのような求人を希望しているか、もう一度、あらためてキャリアアドバイザーと話すことも大切です。転職エージェントを活用するためには、自らの意思を積極的に伝えることが重要です。

 

あなたのその行動は、キャリアアドバイザーから紹介される求人情報の精度を上げることにつながります。

 

転職活動の主人公はあなた自身です。

 

あなたの積極性が転職活動を左右します。消極的では、高い質を持つ転職エージェントのサービスを活用することはできません。このことを理解し、転職エージェントを使いこなせるよう努力していきましょう。

 

希望する求人を紹介された後は?

希望する求人を紹介されたなら、早めに応募するように心がけましょう。

 

人気の高い求人は倍率が高いものです。応募したい求人があるときは素早く行動することは大切です。応募するかどうか悩んでいるうちに、求人が終了してしまうこともありえるからです。

 

転職エージェントは企業情報を豊富に持つのがメリットです。求人を見て質問・疑問があるときは、積極的にキャリアアドバイザーに尋ねましょう。豊富な知識からすぐ返答をしてくれます。もしも転職エージェントにもわからない内容ならば、希望する企業の担当者が、あなたにかわって企業に質問をしてくれることもあります。

 

自分の希望も疑問もしっかりキャリアアドバイザーに伝えましょう。そうすることは転職エージェントを活用することに通じているのです。

 

>C書類選考へ

求人・募集情報の紹介を受ける|typeの人材紹介の評判関連ページ

@会員登録
Aカウンセリング
C書類選考
D面接の準備
E面接当日と面接後
F内定をもらう
E入社の意思を決める

このページの先頭へ戻る