『typeの人材紹介』入社の意思決定をする〜転職活動最終段階〜

内定の通知を受け取って、条件などを確認してうえで入社したいと決心したら、『typeの人材紹介』にその旨を伝えてください。あなたが正式に入社したいという意思は、転職エージェントが代わりに企業に連絡します。

 

入社の意思が固まれば、入社日をいつにするかという段階に入ります。

 

もしも、内定通知をもらったものの、入社に迷いがある場合は、再度、企業との面談を設けてもらうことができます。企業としては、入社してもらいたい人材と判断すれば、このような最終面談を設けてくれるようです。チャンスですので、機会を逃さず面談に臨んでみましょう。

 

この面談で、迷いや疑問を解消して、最終的な判断をするといいでしょう。もしも、ご縁がなく内定を辞退したいと決断された場合は、転職エージェントにその旨を伝えましょう。辞退したい理由をきちんと伝えて、今後の転職活動につなげるようにしましょう。

 

企業にとっても、エージェントにとっても、内定後に辞退する理由を知りたいでしょう。正直にお話しして、両者に納得していただけるように心がけてください。企業もエージェントも、内定に至るまでに多くの人が忙しい中、時間を割いてくれていたということを忘れないでください。その方たちに対して、誠実に応対するのが応募者の礼儀でしょう。

 

また、もしも、入社をすると表明して、それを辞退することになってしまった場合は、より多くの人に迷惑がかかるということも心にとめておきましょう。転職先企業は、入社の意思を受けて、受け入れの準備を始めています。それは、社内における机やPC、ロッカーの手配、名刺や検印などの準備に入っているでしょうし、もしかしたら人事の異動も行われているかもしれません。あなたが入社の意思を伝えたことにより、求人も取り下げているでしょう。

 

そのような状況下で、正式に入社の意思を伝えたにもかかわらず入社を取りやめる、ということになると、どれだけの迷惑がかかるか想像できるでしょう。企業にとっては、費やした時間や費用もかなりの無駄となってしまうのです。

 

また、就業中の方であれば、現在の就業先では退職の手続が進められていることでしょう。もしも、現在の就業先で退職の引き留めを受けていたとしても、それで転職の意思が揺らいてしまうようなことは避けてください。

 

転職をする、ということは人生において大事な決断です。簡単に決断できることではありません。いろいろな条件を吟味して、自分がベストだと思う時に決断をしてください。転職によって、自分のキャリアが一歩前進するのです。慎重に進めていき、後悔のないような決断をしてください。

入社するかどうか意思決定する|typeの人材紹介の評判関連ページ

@会員登録
Aカウンセリング
B求人情報紹介
C書類選考
D面接の準備
E面接当日と面接後
F内定をもらう

このページの先頭へ戻る