まずは説明会だけでも足を運ぶこと

最近は若者たちの仕事への意欲低下が深刻な問題になっています。もちろん、一生懸命に働いている若い世代の方々もいますが、若者でホームレスになったり引きこもる人が増えたりと世間では異常な雇用状態が問題視されています。

 

その理由を詳らかにすると、インターネットやオンラインゲームに依存していることや、働くための体力が身についていないなどが挙げられます。ただでさえ若い人に厳しい雇用環境を任せざるを得ない状況のなか、若者が就労に参加しないとしたら将来的に危ういと感じられます。

 

そのため、まずは説明会に参加することで仕事への意欲を高めて欲しいと思います。この説明会にはインターネットの転職活動サイトなどで予約を行うことができます。昔は学校の求職室からハガキを送ったり、電話で予約を取ったりしていましたが、今はインターネットで完結できますから驚いたものです。

 

具体的にどのような手順で説明会に参加するかの流れでは多くはメールでのやりとりになります。転職活動サイトのtypeの人材紹介では、スカウトやダイレクトメールを送ることができるため、そちらで参加する意志を表明した後、地図を見て時間を確認して参加することになります。また、説明会に参加する際には、必ずスーツを着用し、メモ帳を持って行くとよいでしょう。

 

なお、説明会に参加したあと、雇用者側と自分とでお互いに相性が合えば、即採用されることもありますので、たとえ面接でなくとも挨拶はきちんと行いましょう。とにかく、外に出て働くことが人間らしい生き方ですから、若いうちにしかできないことを着々とこなしていくことで、仕事の楽しさ、やりがいに結びつくことを実感して頂きたいと思います。

 

最後に、説明会はただ参加するだけでなく、ノートをつけてスケジュール形式にまとめるのが上手なやり方のコツです。過去にいくつ説明会に参加したか、面接までこぎつけたかを記録するだけでもモチベーションのアップに繋がります。


このページの先頭へ戻る