間違えられない転職活動の特徴

転職活動は就職活動よりもハードルが高く慎重に行動することが大きな特徴でしょう。また、大手企業への就職はほぼ不可能という点も転職活動の特徴です。これらのハンディがあるからこそ、逆に就職活動も慎重に行わなければなりません。

 

さて、ここで転職活動の特徴として挙げた、ハードルが高いというのは、人によりけりですが主として年齢の問題が含まれます。なぜなら雇用する側の立場としては、どうせ同じ人材を選ぶなら低予算で長く働いてくれる人材を獲得したいからです。このような条件による扱いはどこの企業でも同じことです。だからこそ転職活動を行う人は技術や経験の面でフォローするしかないため、ハードルが高いといえるのです。

 

しかし、ハードルが高いというのは一般的に全ての人に当てはまるものではありません。ある人はプログラマとして技術の仕事をしていたのに、転職して営業として働き始めたらそちらのほうに適正があり、転職によって成功した人生を送っている人も多く存在するからです。そのため、大学受験のように一つのものさしで人生のハードルを決めるのは決して良いことではありません。

 

「それでは、いったいどのように転職活動を始めればよいか」という疑問が浮かぶでしょう。これにはまず就職活動の頃に描いていた初心に戻って適正を確かめることが重要です。適正を確かめるには、大手インターネットサイトの適正診断を幾つか登録して受診してみるのが一つの手段です。これは例えば、マイナビやtypeの人材紹介のようなところで測ることができます。もしかしたら、あなたにとって思いもよらない職業が適正と判断されるかもしれませんが、それは自分のチャンスと捉えて説明会だけでも足を踏み入れることが大切です。

 

結果的に特定の職種や職業に固執して難航している人も多くいますが「やりたいこととできることは違う」というのは仕事をする上での鉄則です。転職活動の特徴をきちんと把握して、必ず成功するつもりで行いましょう。


このページの先頭へ戻る